さぬきうどん優は麺と出汁(だし)にこだわり、ひとに優しいうどん屋を目指しています。 

Fukushima

福島県とのつながり

三春滝桜

福島県の三春町(日本三大桜の1つ、三春滝桜のある所)から、西脇市に震災前からご主人のお仕事の関係で来ておられた方が当店にご来店されました。
その方とのご縁で、東日本大震災のあった2011年3月11日からの福島の状況を知る機会を得ることができました。

福島県は震災だけでなく、原発という大きな被害を受けました。
2015年、私は村全体がそこに住めなくなり、去らなければならなくなった葛尾村(かつらおむら)の仮設住宅を訪ねました。村役場や仮設住宅で過ごされている方から話も聞きました。
「もう元には戻れない、という気持ちはひとり一人わかっているのだけど認めたくない。口に出すとそこで終わってしまう。少しでも希望が欲しい」とても辛い話でしたが、明るく私を受け入れて下さいました。

福島とのつながり

一方で、家を離れ兵庫に来られた方ともお話をしたことがあります。
「私たちは福島からは福島を捨てた者として、また新しい土地では福島を逃げてきた者として扱われ、安住の地はなくなった。でも幼い子どもを思うとそうせざるを得なかった。」また、福島の現状として上記のように幼い子どもを守るため、母親が子どもを連れて移住したため、それが長引くことで離婚をされるケースも多いと聞きました。震災によって予期せぬことが、どんどん起こっているのです。

福島とのつながり

遠く離れたこの地で、原発に苦しむ福島のことを見聞きし、共に考えていけたらと思います。そのために、各テーブルには「福島からの便り」そして春には福島の特産品や、仮設住宅等で作られた品を展示販売しています。

少しでもお役に立てたらと思います。


ギャラリー3月

a:792 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional